スピードラーニングで生きた英語を楽しく学ぶ

スピードラーニングは、今話題の英語学習教材です。その特徴は、ネイティブが話す「生きた英語」を聞くことで、英会話を身につけることができるということです。それに、英語の後に日本語の訳が出てくるので、聞こえた英語が何を意味するのかが分かります。そして、ネイティブが話す英語の速さに耳を慣らしながら、英会話を身につけることができます。

テレビCMで御覧のとおり、英語が苦手だった人や、もう一度英語を最初から勉強し直したい人にピッタリの教材です。

日常的に、英語が思いどおりに話せたら、楽しいですし、コミュニケーションの輪が更に広がることでしょう。

一般的に、英語を学習して会話力を身につけるまでには、多くの年月と費用を費やします。中には、何年も外国に留学したり、外国人の講師がいる英会話スクールに通う人もいます。しかし、なかなか思い通りに英会話を身につけることができないというケースも残念ながらあります。

スピードラーニングなら、短期間で生きた英語を習得することができますので、この機会にぜひ、楽しく英語を学んでみませんか。

スピードラーニングの問題点

スピードラーニングにはいくつかの問題点があります。

宣伝が過大広告となっており、公式サイトの説明を見ても聞くだけで英会話ができるようになるということを強調しています。しかし、「聞く」と「話す」は別のことであり、聞くだけではリスニング能力しか身に付きませんが、宣伝を信じ込んだ利用者から効果がないと不満が出ています。

テキストなしで聞くだけで済むように英語の後に日本語が流れるような工夫のされた教材になっていますが、これはメリットであると同時にデメリットにもなっています。普通に理解できる日本語の方が先に頭に入ってしまうため、繰り返して聞くときに日本語の部分が余計になってしまい、ストレスを感じることになります。

教材は定期的に送られてくるものの、繰り返して聞くため飽きてきます。これによって挫折してしまうことも少なくありません。また、数が多いため場所を取るので邪魔になってきます。

最後まで続けた場合の費用が他の教材と比べると高めです。ただし、途中で止めることもできます。